膀胱がん克服
膀胱がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

膀胱がん 闘病 記

膀胱がん闘病記

適切な治療とは?
末期患者に対する治療の第一の目標は、できる限りの苦痛のない、意義ある生活を患者に維持させることであって、延命を企てるものではない。
急性疾患の治療において適切なものが、死が近づいた患者のケアにおいても適切であるとは限らない。
心マッサージ、人工呼吸、点滴静注、鼻腔栄養、抗生物質などは、すべて急性期ないし急性期から慢性期にかけての疾患を持った患者に対する治療の初期から回復までに用いる手段である。このような治療手段は倫理的には、患者の苦しみを即座に解消することが明らかなときに、実施すべきである。
症状のコントロールの原則
正確で緻密な臨床医学の知識を持つこと
良質の看護を提供すること
患者や家族の訴えに耳を傾けること
治療の効果や副作用について絶え間なく再検討すること
理想的には1つの医療チームが協調しながらすべてを説明し、指導すべきである。さらに患者と家族には緊急時に誰に連絡するかを教えておかなければならない。
口内乾燥、味覚の異常、食欲不振、かゆみ、せき、不眠などのような症状のために主治医を煩わせることを患者はためらうものである。患者が訴えるのを待つことなく、これらの症状の有無をときどき問いかける必要がある。
症状の原因が、すべてのがんの進展によるものとは限らない。治療法は原因によって異なる。
症状の原因を医師が患者に説明することから治療が始まる。このことを心にとめて実行すると、症状が患者に与えている心理的な悪影響は大幅に緩和する。
選択しうる複数の治療法について患者と話し合う。
患者の意見を無視する事は、害があっても益がない。
治療の内容を家族に説明する。
親族にまかせすぎてしまわないことが大切である。できる限り患者の希望を優先させなければならない。
症状が持続的なときは、症状の再発を予防する方式で薬を投与する
持続する症状を薬を用いて治療するときには、症状が再び現れるのを予防するために、時刻を決めて規則正しく投与する。症状が再発して患者が求めてから投与する「頓用様式」は、不十分な症状コントロールの原因となる。
治療内容はなるべく簡潔なものにする。
投薬を変える際には、1回に1剤の変更に限ることを原則とする。そうすれば、何らかの変化(良くも悪しくも)が起こっても、どの薬に原因があるかを識別することができる。
治療の目標を設定する。
作用と副作用をモニタリングする。
薬の相互作用に注意する。
今まで投与した薬のなかで中止できるものはないか。
「できることはすべて試みた」とか、「私には、もうこれ以上することがない」とは決して言わない。「われわれはベストをつくします」
余り多くのことを一度に患者と約束しない。
チームの誰かがいつでも患者のもとに行けること、可能なすべてを実施する予定であることを患者に伝える。それにより患者は安心感をもつことができる。
症状を直ちに完全に消失させようと試みないで、時点での問題点を少しずつ解決していくよう計画する。
患者の協力を最大限に得るには、はっきりした治療方針を示す。不安がある時。症状のコントロールがうまくいかないとき、副作用が強く現れているときなどには、「あなたがよいと思う量を、よいと思う回数で服用してください」と言うのがもっともよい「処方箋」となる。患者および家族には、処方の内容、すなわち服用時刻、薬の名前、服用目的(痛み用、便秘用など)、服用量(Xmg,Y錠)などを書いて渡すとよい
症状のコントロールに用いる薬、とくにオピオイド鎮痛薬、緩下薬、向精神薬の最適投与量を予め知ることはむずかしい。最適量に至っておらず、そのうえ副作用があると、患者は薬を服用したがらなくなる。したがって、処方内容の調整や副作用を回避するために、症状の完全なコントロールを諦めなければならないことがある。手術不能な小腸の閉塞の場合、嘔気を完全にコントロールするよりも1日に1〜2回にまでに嘔吐回数を減らす程度のコントロールで妥協する方がよいこともある。
がんは進行性疾患であるため、新しく症状が追加されるのが普通である。各症状への対応はすみやかに行わなければならない。
痛みの性質や程度を把握する方法を教育され、鎮痛薬の処方にも通じてた看護婦が、定期的に患者を訪れることが必要である。
症状がコントロールできない時には、少なくとも毎日訪れること、ひどい痛みがある時には緊急事態と考えて対処する。
日常進行性疾患の場合、体重減少は避けられない。体重測定しても、診断的有用性はもはやないので、意気消沈させるだけのルーチンの体重測定は中止すべきである。
治療上の考慮
死が近づいた患者の悪液質には、強制的な栄養補助(経管栄養や高カロリー中心静脈栄養法)は余り効果がない。
体表に突き出してくる骨の突起部分や、皮膚のケアの重要性について、早いうちから教えておく。
移り気な食欲への対処法
患者は少ない摂取量でも満足できること。摂取量は少ないのが普通であることを説明する。
必要な用具(車椅子、病人ベッド、浴槽用マット、その他、くつ)
衰弱
力を回復させる薬はない。輸血の効果もない。
体力の限界が来ていても、それは日によって変動するもので、一日休息を取れば翌日にはエネルギーが回復するものだということを、患者に説明してあげる。
「自分はがんにはならない、という根拠のない自信があった」と語った筑紫さんだが、年に一度欠かさず受けていた人間ドックで初期のがんが見つかった。

膀胱がん闘病記
 肺がんは早期発見が非常に難しい。1日3箱は空けていたヘビースモーカーの筑紫さんを救ったがん検診、その実力は?
肺がん発見に貢献したのは、「PET検査」。PETは「ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(陽電子放射断層撮影)」。

膀胱がん闘病記
がん細胞は正常な細胞に比べてブドウ糖を3― 8倍取り込むという特性を利用した画像診断法だ。検査は簡単で、撮影前に「FDG」と呼ばれる陽電子を放出する放射能が付いた擬似ブドウ糖を注静脈射する。約1時間後、体内に注入された薬剤は、がん細胞に集まり、これをPETカメラで撮影する。

膀胱がん闘病記
 「一度に全身を見ることができるのがPETの最大の特徴。これにより、がん細胞の身体全体の広がりを把握することがでる。がん転移・再発の状態や、自覚症状の全くないような、1センチ前後のがん細胞塊の診断、さらに画像で見たFDGの集まり方で悪性か良性かの判断も可能」と話すのは東京の「クリニック画像診断センター」
 検査時は胃カメラのような痛み、苦しみもなく、20― 40分横たわっているだけ。費用は保険適用外で1回9万円前後かかるが、手軽に早期がん発見ができるとあってPET受診者は急増。現在、国内のPET導入施設は約200カ所、この5年間で4倍以上に膨れあがるなど、今やがん早期発見の救世主的存在だ。
 だが、万能に見えるPETにも大きな落とし穴はあるので注意したい。

膀胱がん闘病記
 「すべてのがん発見に有用というわけではない。実はPETだけではいわばザルみたいなもので、CTをはじめとする他の検査と組み合わせて診断しなければならない」
 PETが得意とするのは、筑紫さんのような肺がんや大腸がん、乳がん、甲状腺がんなど。例えば日本人のがん死因第2位、胃がんは不得手。

膀胱がん闘病記
 「早期の胃がんの場合、初期は粘膜表面に薄く広がるため画像に映りにくい。また、PETによる肺がんの発見率は8割以上ともいわれているが、実際には肺がんの中でも活発ながん細胞である小細胞がんなど喫煙を原因とするがんは発見しやすいが、比較的おとなしい高分化腺がんは発見しにくいなど種類によっても違う」。より正確にがんの有無を知るには、PET頼み、ではなく多角的な検査が必要となってくる。

膀胱がん闘病記
 がん検診は各医療機関によってその内容が異なるが、一般的には超音波、CT、レントゲン、MRI、 腫瘍(しゆよう)マーカーなど。

膀胱がん闘病記
クリニックでは、PETを含むこれらの検査で費用は15万円程度。朝9時に来院すれば午後2時には帰れる、という手軽さだ。
 「一年に一度受けるのが理想だが、難しいという方にはまず2年連続で受けていただき、何も見つからなかったら3年後、5年後と間隔をあけていただくことをおすすめしている。

膀胱がん闘病記
検診でがんが発見されるのは50代が最も多いので、定年を機に、オーバーホールのつもりでがん検診を受けられては」と言うまでもなく、がんは早期発見がカギ。筑紫さん同様「根拠のない自信」がある方は、一度検討してみたらいかがだろう。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。