膀胱がん克服
膀胱がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

膀胱がん 手術

膀胱がん手術

頸がんが多く発見されるようになっています。これは、頸がんが性交渉と深く関係していることが大きな原因です。(実際には、頸がんにも子宮の出口付近にできる子宮膣部がんと頸部の内側にできる頸管内膜がんがあり、子宮腟部がんは頸管内膜がんの15倍以上も多い。ここでいう子宮頸がんは子宮膣部がんのことで性交渉と関係が深い)
 子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染が原因のひとつとみられています。これは、イボを作るウイルスの一種で性行為で感染することがわかっています。実際に、子宮頸がんの組織を調べると高率にヒトパピローマウイルスが発見されます。しかし、パピローマウイルスに感染してもとくに症状はないので、がんになる前にウイルスを駆逐することは難しいのが現状です。
 したがって、子宮頸がんの死亡率の減少も患者が減っているというより、がん検診の普及によって早期発見が増えていることが原因と考えられています。子宮頸がんの検診は、頸部の細胞をこすりとってきて、直接細胞の形をみるものです。そのため、検診としての精度も非常に高いのです。
 つまり、子宮頸がんも早期発見につとめることが、非常に大切なのです。性交渉を持つようになれば、誰でも子宮頸がんになる危険性はあります。とくに、若い頃から複数の人と性交渉を持つ人には、子宮頸がんが発生しやすいと言われています。こういう人は、より積極的に検診を受けるべきでしょう。

○子宮体がん
 子宮頸がんによる死亡率が減少する一方で、最近急激に増えているのが子宮体がんです。これは、赤ちゃんを育てる子宮の内側をおおう内膜に発生するがんです。
 以前は、子宮がんの85%以上は子宮頸がんと言われていましたが、最近では体がんの比率がじわじわと増加しています。これは、食生活の欧米化、とくに脂肪の摂取量の増加が関係しているのではないかとされています。
 子宮体がんは、性交渉とは関係がなく、女性ホルモン(エストロゲン)と関係が深いがんです。妊娠経験のない人や無排卵などの排卵障害のあった人、また肥満や糖尿病、高血圧の人もホルモンバランスが崩れて子宮体がんになりやすい傾向があると指摘されています。食生活の欧米化や肥満が体がん増加に関係していると言われるのも、ひとつにはエストロゲンという子宮がんは、がんの中でも胃がんと並んで治りやすいがんに入ります。実際に、ここ20年ほどの間に、子宮がんによる死亡率は大きく減少しています。
 しかし、これはひとえに「子宮頸がん」による死亡率の減少によるものなのです。子宮がんと一口にいっても、実際には子宮の入り口付近にできる「子宮頸がん」(子宮頸部がん)と子宮の奥(子宮体部)にできる「子宮体がん」(子宮体部がん・子宮内膜がん)があります。このふたつは、同じ子宮がんでも、がんとしての性質や発生の引き金などが、大きく違います。子宮頸がんの死亡率が減少する一方で、むしろ子宮体がんによる死亡率は上昇しています。

○子宮頸がん
 子宮頸がんは、40〜50歳代の女性に一番多く発生していますが、20代、30代でも頸がんになる人はいます。最近は20代で0期の女性ホルモンが、脂肪に溶けて存在しているためです。また、閉経後は、卵巣からのエストロゲンの分泌は停止しますが、卵巣や副腎から分泌されるアンドロゲン(男性ホルモン)は、脂肪細胞でエストロゲンに変化します。これも、閉経後の子宮体がんの発生に関係しているのかもしれません。
 発症も、50歳前後に多いのですが、最近は閉経後の子宮体がんが増加していますから、閉経後も子宮がん検診が必要です。


 人間の体は、約60兆個の細胞からなりたっています。この細胞には「遺伝子」という体の設計図が格納されており、その指示に従って細胞はそれぞれの役目を果たし、また代替わりを繰り返しています。がんは、この遺伝子が複数異常をきたす病気です。その結果 、細胞を統合する秩序が乱れ、異常を起こし た細胞,つまりがん細胞が無制限に増え続けるようになります。そして、他の組織に食い込んでいったり(浸潤)、血液やリンパの流れに乗って遠くの組織で増殖する(転移)ようになるのです。
 子宮がんの場合、頸がんはヒトパピローマウイルス、体がんは女性ホルモンとの関係が深いことがわかっています。しかし、これらがどのように遺伝子異常と関わっているのか、はっきりしたメカニズムはまだよくわかっていません。


 他のがんと同様、子宮がんにも初期には特別な症状はないと考えるべきです。症状がなくても定期的に子宮がん検診を受けることが、早期発見の大きなポイントです。
 しかし、検診を受けている場合でも月経時以外の出血(不正出血)、あるいはピンクや茶褐色のおりものがあれば、ただちに検査を受けましょう。子宮頸がんは子宮の入り口、つまり腟の奥にできるので、性交による刺激で出血を起こすことがあります。こうした接触出血は何かの原因がなければ起こりにくいので、ただちに検査を受ける必要があります。
 また、不正出血が繰り返しあったり、常にピンクや茶褐色のおりものが見られるようになると、がんも進行している可能性があります。さらに進むとがんの広がり方によって痛みが出たり、全身状態が悪くなることもあります。
 子宮体がんでも、不正出血やおりものは大きな手がかりです。体がんの場合まだがんになる前の状態(子宮内膜増殖症)でも、不正出血が出ることがあります。症状が出てから検診しても、進行がんとは限らないわけです。
 逆に進行がんの段階になっても、不正出血のない人もいます。したがって、やはり定期的な検診が大切なのです。

膀胱がん手術


 子宮がんは、検診によって非常に早い段階、から発見することができます。

○子宮頸がん
 細胞は、がん化すると健康な細胞とは違う顔つきになってきます。子宮頸がんの場合、細胞が正常ではないけれど、まだがんになる前の段階(前がん病変)から発見することができます。これが、「異形成」と呼ばれる状態で、軽度から高度まで3段階に分類されています。

膀胱がん手術


 軽度異形成の状態ならば、まだがんになる率はわずかですが、中等度、高度となるほど危険も増してきます。さらに、がんが粘膜表面 の上皮内にとどまっている状態を0期、上皮の下にある基底膜を超えてわずかに入り込んだものを・a期と言います。期は、がんが子宮頸部にとどまるものです。期ならばほぼ、・期の状態でも9割以上の人が治っています。また、期であれば、治療後再発の心配もまずありません。
 期以降になるとがんは子宮を超えて広がって行きます。

膀胱がん手術

 
○子宮体がん
 体がんの場合は、子宮内膜異型増殖症を0期としています。子宮頸がんほど0期の概念ははっきりしていませんが、最近ではエストロゲンという女性ホルモンの過剰分泌が続き、子宮内膜が増殖し続けることが、その発端ではないかとも言われています。

膀胱がん手術

これが、子宮内膜増殖症という状態です。その状態であれば、ほとんどの人は自然に治ってしまいますが、ごく一部の人では細胞の顔つきが変化して、がんとは断定できませんが正常とは異なってきます。これが、子宮内膜異型増殖症という状態です。
 期は、がんが子宮体部のみにとどまるもの、は子宮頸部にまでがんは広がっていますが、まだ子宮の外に出ていないものです。がんが子宮の外にまで広がったものを・期、骨盤を超えてがんが広がったものを・期としています。

膀胱がん手術

 子宮体がんは、頸がんに比べて自覚症状が現れにくいため、診断が遅れる傾向があります。そのためにも定期的検診が必要なのですが、I期までに治療できれば治りやすいがんに入ります。0期はほとんどの人が治っていますし、期でも90%前後の人が治っています。

膀胱がん手術


 子宮がんには、地方自治体などで行われる集団検診があります。とくに子宮頸がんの集団検診は歴史が古く、早期頸がんの8割以上が集団検診で発見されています。この機会を利用することはもちろんですが、多くは頸がんは

膀胱がん手術

30歳以上、体がんは不正出血があった50歳以上の人といった条件のもとに行われています。しかし、頸がんは性交渉を持つようになれば、その危険が出てくるわけですから、若い人は自己負担でも検診を受けた方が安心です。
 また、子宮体がんは必ずしも不正出血があるとは限らないので、とくにリスクの高い人は不正出血がなくても40代になったら検診を受けることが勧められます。なお、子宮がんの検査を受けた場合でも、実際には子宮頸がん

膀胱がん手術

の検査だけを行っている場合もありますから、注意して確認してください。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。