膀胱がん克服
膀胱がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

末期 膀胱がん

末期膀胱がん

この数年、ピンクリボンなどの的な動きもあって「乳がん」という言葉を耳にする機会が増えました。日本人女性の乳がん罹患率は1996年に悪性腫瘍の中で第1位となった後も増え続け、毎年約4万人の方が新たに乳がんと診断され、年に1万人以上の方が亡くなるなど深刻な状況が続いています。欧米でも乳がん人口は増加傾向にありますが日本と異なるのは、死亡率は下がっている、という点です。なぜ、そのような違いが生じているのでしょうか。

欧米では元々、乳がんの罹患率が8人に1人と高く、早くから国家的なプロジェクトとして乳がん対策が実施されていました。特にアメリカでは90年代にという大規模な健康政策を立ち上げ、そして、さらにいっそうマンモグラフィ検診受診キャンペーンを推し進めました。その結果、1992年を境にして明確に死亡率が低下し続けています。
マンモグラフィは乳房専用のX線撮影装置で、X線フィルムを入れた台と透明なプラスティックの板で乳房を片方ずつはさみ、乳房を平らに圧迫して撮影を行う検診方法です。通常、上下および左右の斜位の2方向から1枚ずつ、両方の乳房で合計4枚を撮影します。乳房を押さえる際に多少痛みを伴いますが、平らに圧迫することで乳房内部の様子を詳細に写し、放射線被曝量を抑えることができるのです。
50歳以上のマンモグラフィ検診では、視触診で分からない「石灰化」をともなう早期の乳がんを発見できるため、治療により死亡率を17〜30%下げる効果が証明されています。欧米で乳がん人口が増えているにも関わらず死亡率が減少している背景には、このマンモグラフィによる早期発見があるのです。

日本で乳がん死亡率が高い要因としてもう一つ、検診受診率の低さがあげられます。欧米では乳がん検診受診率が70%以上であるのに対して、日本では10数%程度。乳がんの早期発見に欠かすことのできないマンモグラフィ検診に限ると、受診率は5%前後にしか過ぎません。
乳がん検診は1987年、老人健康法で「30歳以上に問診・視触診検診を逐年で行う」として全国で導入されました。当時、日本の乳がん罹患率は23人に1人程度で、自分自身の問題として考えるほど身近ではなく、このため乳がん検診の受診率は低いままで、自覚症状が現れてから慌てて病院に行くケースが多かったと推測されます。
その後、食生活の欧米化や初潮年齢の低下などの影響も加わり、乳がんそのものが増加し、さらに、視触診による乳がん検診では、死亡率が下がらないというエビデンスが確認されました。そして、欧米でのマンモグラフィ検診の有効性が証明されたことを受け、2000年に厚生労働省は各自治体に対して50歳以上を対象に、隔年でマンモグラフィと視触診併用検診の実施の勧告を出しました。さらに、2004年には対象年齢を40歳までに引き下げております。これにより、各自治体や健診機関で機器の精度管理や読影医(画像をみて診断する医師)の教育が急ピッチで進められました。ところが、肝心の受診率は横ばいのまま。いくら検診の精度がアップしても受診者がいなければ死亡率を下げることはできません。したがって、受診率の向上が大きな問題となっています。そこで、私どもは、受診率の向上を目指すプロモーション活動を行っております。


末期膀胱がん


乳がんは自分で発見できる数少ないがんの一つです。定期的に乳房の状態をチェックすることで、異常に気が付くようになります。一般的に、たまたま自己検診をして自分で発見できる「しこり(腫瘤)」の大きさ、2.7cm大とされています。しかし、定期的に検診を行っている場合はの半分程度の1.0cm大のしこりを発見できるのです。2.0cm未満のしこりは乳がんのステージ(病期)でいうとステージ1に相当し、治療後の10年生存率※1 は90%です。毎月、月経が終わった1週間以内に定期的に自己検診を行うといいでしょう。

末期膀胱がん


医師による触診ではさらに小さな「しこり」をみつけることが可能ですが、マンモグラフィ併用検診を受診していれば「しこり」として触れる以前のステージ0期で診断が可能となります。この時期に発見、治療ができれば治癒率は90%以上です。日本の乳がん発症年齢は40代後半にピークがあり、その後の世代も極端に減ることはありません。40歳以降の女性は大切な命と乳房を守るためにもぜひ、マンモグラフィ併用検診を受けてください。理想は定期的な自己検診と毎年のマンモグラフィ併用検診のサイクルを続けること。自己検診で異常を感じた場合、あるいは検診で異常ありと診断された場合は直ちに乳腺専門の医療機関で精密検査を受けましょう。


末期膀胱がん


乳がんは、日本では急速に増加傾向にあり、現在年間約3万6千人が発病し、現在女性のがんでは胃がんを抜いてもっとも多くみられるがんです。
日本では欧米とは異なり、40歳〜60歳台に多くみられ、30人に1人が乳がんになると言われています。しかし、乳がんに対する関心や受診率はいまだに低く、気付いたときには乳がんが進行していたというケースが多いようです。
乳がんは早期に発見すれば治癒率が高い病気です。


末期膀胱がん


女性の乳がん患者数は40歳を境に急増しています

乳がんは、日本では急速に増加傾向にあり、現在年間約3万6千人が発病し、現在女性のがんでは胃がんを抜いてもっとも多くみられるがんです。
日本では欧米とは異なり、40歳〜60歳台に多くみられ、30人に1人が乳がんになると言われています。しかし、乳がんに対する関心や受診率はいまだに低く、気付いたときには乳がんが進行していたというケースが多いようです。
乳がんは早期に発見すれば治癒率が高い病気です。

末期膀胱がん


乳がんの主な症状

 @乳房にしこり

『しこり』は5mmから1cmぐらいになると、自分でわかるようになります。
硬くて、動き(可動性)の悪いときは、早く受診してください。ただし、しこり=がんではなく、良性のしこりも多くみられます。

 A乳房の皮膚の発赤・えくぼ・乳首の変形

乳房の左右を見比べて、赤い部分(発赤)、くぼみ(えくぼ)、乳首が片方今までと違う方向を向いていたら要注意です。


末期膀胱がん


 B乳頭分泌物

片方の乳首から血性の分泌物が出たときや一つの穴から出るときには、一度分泌物の細胞を調べたほうがいいでしょう。


乳房は女性の大切な場所のひとつであり、乳がんになったとき、精神的なサポートは大事なことです。
昨年、乳がんのケア(体のことから精神的治療のことまで)を専門にする看

末期膀胱がん


護師の資格もできました。もし乳がんだとわかったとしても一人で悩まないで相談してみてください。
女性は40歳を過ぎたら、1年か2年に一度、必ず乳がん検診を受けてください。
しこりがありそうなときは、悩まず受診してください。
仮に乳がんであったとしても、早期発見できれば、早めの対処が可能です。
末期膀胱がん


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。