膀胱がん克服
膀胱がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

膀胱がん 手術 後 食事

膀胱がん手術後食事

子宮がんは、女性の性器の典型的ながんです。子宮は、膣に近い頸部と、その奥の体部の2つに大別されます。子宮がんにも、子宮頸がんと子宮体がんとがあります。そのうちの

割ほどを子宮頸がんが占めています。どちらも膣や骨盤へ広がっていき、リンパ節から全身に転移したり、近くの臓器へ浸潤していくのが怖いところです。では、子宮がんの症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

子宮がんの情報に関する注意:子宮がんの情報にかぎらず、医療情報を情報は1つに絞らないでください。また、これらの情報は、あくまでめやすと考え、予備知識として活用してください。実際の症状や治療法は各個人により異なります。ご自身の健康問題に不安のあるかたは、かならず専門の医療機関に相談してください。なお、当サイトの記述について、実際に起こった紛争等に関する一切の責任は負いません。予めご了承下さい。


子宮がんとは

子宮がんは、女性の性器の典型的ながんです。子宮は、膣に近い頸部と、その奥の体部の2つに大別されます。子宮がんにも、子宮頸がんと子宮体がんとがあります。そのうちの8割ほどを子宮頸がんが占めています。どちらも膣や骨盤へ広がっていき、リンパ節から全身に転移したり、近くの臓器へ浸潤していくのが怖いところです。子宮がんは、早期発見のチャンスが増え死亡率は、低下しています。しかし、毎年一定の死者が出ています。30歳をすぎたら少なくとも1年に2回は検診をうけるようにします。

子宮がんの症状は、閉経後(1年以上月経がない場合)や、閉経周辺時期の不正性器出血が特徴とされています。

子宮頸がん
子宮頸がんは、子宮の頸部にできたがんです。子宮頸癌は、異形成上皮(軽度→中等度→高度)→上皮内癌→浸潤癌と進行していくことが知られています。子宮がん 検診
子宮がん検診を受診するには、2種類の方法があります。1つは、なんらかの自覚症状があって医療機関を受診する方法(自費検診)、もう1つは、各市が公費で行っている集団検診(公費検診)です。ただし、不正出血や急な痛みがある場合は集団検診を待つことなく、医療機関を受診するようにします


子宮頸がん

子宮頸がんとは、子宮頸部にできるがんですが、原因ははっきりとはわかっていません。ただ、性体験が早かったり、性交、妊娠、出産などが頻繁なひとが、かかりやすいと考えられています。逆に処女や未婚の女性には少ない病気です。子宮頸がんは、30代から増加し、40代〜50代に最も多くなります。一方子宮体がんは、ほとんどが50代以上のひとです。


子宮頸がん 症状
子宮頸がんの症状は、初期の場合は、ほとんどがありませんが、子宮がん検診で行う子宮頸部細胞診により発見することができます。自覚症状としては、不正性器出血がもっとも多く、とくに性交時に出血しやすくなります。おりもの(帯下(たいげ))が増えることもあります。進行がんでは下腹部痛、腰痛、下肢痛や血尿、血便、排尿障害が現れることがあります。

子宮がん 検診結果
子宮頚がん検診は、クラス分類で判定します。精密検査が必要となるのは、クラスVa〜Xと判定された方です。精密検査の結果、前がん病変である異形成が見つかるのは検診を受けた方のうち自費検診で100人に1人、公費検診では300人に1人です。

子宮けいがん
子宮けいがんは、子宮の入り口(子宮けい部)にできるがんです。子宮けい部は、性行為や出産などで刺激を受けやすい場所です。刺激により正常の細胞はダメージを受け、その結果、一部の人では、けい部の細胞が異常な変化を起こして異形成(前がん病変)という病変になります。

子宮がん 症状

子宮がんの症状には、月経でもないのに出血がみられる、色のついたおりものがある、悪臭のするおりものがある、月経不順や月経過多などの異常、下腹部にいたみや重苦しい感じがあるなどがあります。


子宮頸がんの症状
初期には自覚症状はまずありません。そのうち月経が不順になったり、性交後の出血や、おりものがあらわれてきます。さらに進行が進むと、ふだんでも性器から出血するようになり、下腹部の痛みや発熱、やがて排尿困難、排便困難がおきてきます。全身に移転すると貧血、食欲不振、体重減少などがあらわれます。

膀胱がん手術後食事


子宮体がんの症状
子宮体がんの症状は閉経後であっても、病気が早い時期から、出血やおりものがあらわれてきます。おりものは、最初は水様性です。進行するにつれて、血や膿が混じるようになります。やがて、痛みや貧血などがあらわれます。子宮内に血液や膿がたまってくると、激しい下腹部痛とともにそれらが排出されます。子宮体がんの進行は、子宮頸がんよりもゆるやかです。しかし、全身に移転すると貧血、食欲不振、体重減少などがおこります。

膀胱がん手術後食事



子宮体がん
子宮の入り口にできるがんを子宮頚がん、奥の体部にできるがんを子宮体がんといいます。体がんの好発年齢は50〜60歳で、子宮頚がんに比べ高年齢の傾向にあります。

子宮体がん 症状
子宮体がんの症状で、もっとも多くみられるのは不正出血です。月経以外の出血、特に閉経後の出血は注意が必要です。おりものに混じるくらいの少量の出血でも軽視しないで受診するようにします。

膀胱がん手術後食事


子宮がん 検査
子宮がんの検査は、子宮頸部を、綿棒などでこすって細胞診用の検体を採取します。細胞診で異型細胞が認められた場合には、腟拡大鏡(コルポスコープ)で観察しながら、疑わしい部分の組織を採取します。採取した組織を病理学的に検査して診断を確定します。

子宮がん 検診・検査

子宮がんの検査は、子宮頸がんの場合、最初に細胞診断が行われます。その


膀胱がん手術後食事


結果によって、組織診断が必要かどうか決めます。組織診断は、コルポスコープという膣拡大鏡で観察します。そして、子宮頸部の組織を採取します。子宮頸部の組織診断でがんと診断されたときは、超音波検査やCT検査、MRI検査など画像検査でがんの大きさ、深さ、周辺の臓器への転移はないかを調べます。子宮体がんの検査も基本的には、子宮頸がんと同じになります。ただ、組織を採取する場所は子宮の奥になります。多少痛みをともなうので、局部麻酔をおこないます。子宮体がんの画像検査も子宮頸がんとほぼ同じになりますが、子宮体がんでは、経膣エコー検査がとても有効です。経膣エコー検査とは、膣から探触子(たんしょくし)をいれて、超音波で調べる検査です。

膀胱がん手術後食事


子宮けいがん
子宮けいがんは、子宮の入り口(子宮けい部)にできるがんです。子宮けい部は、性行為や出産などで刺激を受けやすい場所です。刺激により正常の細胞はダメージを受け、その結果、一部の人では、けい部の細胞が異常な変化を起こして異形成(前がん病変)という病変になります。

膀胱がん手術後食事


子宮たいがん
子宮の奥のほう(子宮たい部)にできるがんが、子宮たいがんです。子宮たいがんの主な原因として、女性ホルモン分泌の乱れが知られています。生活習慣や遺伝なども関連があるといわれています。ホルモンバランスが崩れる閉経前後、 50歳代の女性に多く、最近では40歳代を中心に増えています。月経以外にも出血する不正性器出血が、子宮たいがんのサインです。

膀胱がん手術後食事


子宮頸がん 検査
子宮頸がんの検査は、子宮頸部を、綿棒などでこすって細胞診用の検体を採取します。細胞診で異型細胞が認められた場合には、腟拡大鏡(コルポスコープ)で観察しながら、疑わしい部分の組織を採取します。採取した組織を病理学的に検査して診断を確定します。

膀胱がん手術後食事


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。